70%健康マガジン:辻野先生の回答

ココの情報は100%の健康をまったく保証しませんが、ボクがそうである
ように70%健康になるためのヒントが見つかるかもしれません。

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 六十二、「おなら」について辻野先生の回答 | TOP | 六十四、「膀胱炎」について辻野先生の回答 >>

2009.01.21 Wednesday

六十三、「裏ワザ」について辻野先生の回答

---------------------------------------------------------------------
■今週のお題:「今年使えるカラダの裏ワザを教えてください」
---------------------------------------------------------------------

新春と言えば、それはもうお酒です。

忘年会 → お正月 → 新年会

この3つの名目のもと、何リットルものビールや日本酒が体内に入ってくるワケで。すると当然のことながら、カラダに入ったものは出て行こうとするワケですよ。

下痢をともなって。

まぁ、デトックスするのは良いのですが、問題はタイミングを選べないこと。特に外を移動中、周りにトイレがない状況でおなかが痛くなったらちょっと覚悟しちゃいますもんね。ボクの場合。

これって、なんとか自分の意識でコントロールできないもんでしょうか?

ちょっと、つっちーに聞いてみましょう。

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

というワケで、今回は久し振りのメルマガ&新年1号だよ。

「新年1号から下痢ネタって…、まぁええっか」

でも、このおなかを下してトイレに行きたくなるタイミングをコントロールできるようになったら、これは結構すごいことだぜ。救われる人が日本だけで何人いることか。

「それもそうやな」

で、そもそもの話なんだけど下痢の波ってコントロールできるの?

「結論から言えば、できる!」

おお、チカラ強い。

「一番手っ取り早いのは、自分が下痢で苦しんでいることを忘れてしまうことやな」

忘れる? どういうこと?

「人間の生理作用はすべて、交感神経と副交感神経のバランスで成り立っとるんよ。感覚としては

・交感神経=戦闘モード
・副交感神経=リラックスモード

こう考えればだいたい合ってる」

ふむふむ。

「下痢でうんちをしたい状態になるのは、基本的にはリラックスモードのときやねん」

へぇぇ、意外。あいつらはあんなに好戦的なのに。

「だから何かに集中している戦闘モードの状態をつくれば、下痢のことなんて忘れてしまう。たとえば、サッカーの試合をやってる最中にトイレに行きたくなることはないやろ?」

ああ、そういえばそうだね。試合に出てれば、ケガをしてる痛みすら忘れちゃうもんな。

「要は、その集中している状態を意図的に作り出せればええねん。ただし、この小技が使えるのは精神性の下痢のとき限定やで。食中毒なんかの本気な下痢のときは抗いようがないからガマンせず出すようにしておくれ」

なるほど。それでも、大半の下痢は文字通り「神経のつかい方」でコントロールできるって話だね。

「でも、ある程度は訓練しないとすぐ戦闘モードに入るのは難しいかもしれんな…」

そうか。ああ、でも今はケータイがあるから、ちょっと重たい告白の長文メール書くとか、集中力を要求されるゲームをやるとかでもいいんじゃない?

「確かに、それは即席で有効っぽいな」

この話になったついで聞きたいんだけど、ちょうど今って受験シーズンでもあるワケだし、勉強とか仕事中に眠くならない裏ワザってあるの?

「あるで」

おおーっ! すごいよこの人。ドラえもんみたいだよ!

「あんなにマルっとした体型はしとらんけどな。要は下痢のコントロールと一緒で、交感神経と副交感神経のつかい方がポイントや」

なるほど、戦闘モードとリラックスモードね。

「大半の仕事や勉強は戦闘モードやろうな」

そうか。でも下痢のときはケータイいじってれば良かったけど、今度はそうも言ってられないじゃん。リラックスモードから戦闘モードに切り替えるにはどうしたらいいんだろう?

「カラダを動かしたり喋ったりするのがええな。たとえば"イテテテっ!"となるくらいのストレッチなんて有効やで」

なるほどね。たとえば何か食べるのはどうだい?

「勉強や仕事にとりかかる前に何かを食べるのはNGや。食事は戦闘モードやけど、消化・吸収はリラックスモードやねん。しかも消化のため脳に行くべき血液も胃腸に行ってしまうから眠たくなってしまう」

ダメじゃん。ちなみになんだけど、昼間っから極限まで眠い場合はどうしたらいいんだろう? やっぱりストレッチ?

「程度にもよるが、極限まで眠い場合は思い切って寝てしまうべきやな。ただし熟睡してしまったら元も子もないから、睡眠時間は30分以内が原則や」

へぇ、寝ちゃっていいんだ。

とにかく、戦闘モードとリラックスモードをコントロールできるようになったら、いろんなことができそうだね。

「そうやで。ちなみに意図的にリラックスモードをつくるには、自然な腹式呼吸をしたり、まったくカラダを動かさなかったりすればええ。不眠症の人でも、変に寝返りを打たず、とにかく筋肉を使わずにじっとしていればリラックスモードに入って眠れるはずや」

と、辻野先生は回答しましたとさ。

---------------------------------------------------------------------
■やちきの見解
---------------------------------------------------------------------

なるほどねぇ。

交感神経(戦闘モード)と副交感神経(リラックスモード)のスイッチが意図的に切り替えられるようになったら、ちょっと便利っぽいなぁ。

よし、今年の抱負は「交感神経の人」で決まりだ。

そんな感じでみなさん、今年もどうぞよろしくお願いします。


つづく

この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top