70%健康マガジン:辻野先生の回答

ココの情報は100%の健康をまったく保証しませんが、ボクがそうである
ように70%健康になるためのヒントが見つかるかもしれません。

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 七十七、「お米」について辻野先生の回答 | TOP | 七十九、「筋肉痛」について辻野先生の回答 >>

2010.02.26 Friday

七十八、「料理」について辻野先生の回答

今年も年明けはお雑煮とおせち三昧。

やっぱりお正月はこれですよねー。

ところでおせちって、自分で作っている人はどれくらいいるんでしょう? なんだかデパートとかお弁当屋さんとかで予約して買うってイメージがあるんですよね。

でもまぁ、おいしければ良いんだろうか。
いや、やっぱり自宅で作ったほうが良いんだろうか。

そもそも、世のお母さんたちは「外食やコンビニ弁当ばっかりじゃダメ」と一人暮らしの子どもを戒めますが、自炊することって健康に良いのだろうか。

たぶん、つっちーなら何か知っているに違いありません。
とりあえず聞いてみましょう。

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

そういうワケで料理についてなんだけど、やっぱりよく言われてるように外食は控えて自分で作ったほうが健康には良いの?

「そうやな。初めての患者さんを診るときは目安の一つとして、家食と外食の割合は確認するようにしてるなぁ」

おお、そうなんだ。だけどさ、家で作ろうが外で食べようが同じじゃないの? たとえば、とんかつはとんかつでしょう。どこで食べたって。

「そうやねん一緒になってきているのが問題やねん。ただ、たとえばレストランで食事を選ぶ場合『野菜を食べなきゃ』と思ってサラダを注文したりするやろ?」

うん。

「これが自宅でサラダを作る場合は、スーパーや八百屋さんで『レタスは安いほうと国産の有機栽培、どっちにしよう?』て選択肢になるやろ」

ああ、そういうことか。

「外食の場合、注文する際に使ってる材料が何かまできちんと考えることが少ないねん。だからとんかつにしたって、お店で食べる場合はそれが国産の豚肉なのかアメリカ産の豚肉なのかは分からんことが多い」

でもアレだよ。ボクはとんかつ大好きだから、だいたいは国産にこだわってるお店に行くね。

「それは賢いお店の選び方やな。たいがいは同じく国産に気を遣っている人でも食材を買う時と料理を選ぶ時とでは視点が異なるねん。ただ、やちきもそこで使ってるキャベツや味噌汁の具が国産かは気にせんやろ?」

さすがにそこまでは気にしてないなぁ。

うーん。自炊なら1つ1つの食材がどうか気にするけど、外食だと判断がすごく大ざっぱになるんだなぁ。

「家食と外食の違いでいちばん大きいのは調味料やな。材料にこだわってるお店でも、調味料までこだわってるところは結構少ないはずやで」

なるほど。調味料って地味にコストかかるしね。商売で利益出すなら安いもの使うかも。

「外食産業は味が命やから、万人ウケする旨みである化学調味料や白砂糖なんかも平気で使ってるやろうし」

化学調味料とか白砂糖ってそんなに悪いもんなの?

「精製されすぎてるのが問題やねん。ふつう、料理の味は良く噛まないと分からんもんやが、精製されている調味料は口にした瞬間舌で味を感じる。これはすごく不自然なことやし、中毒性もあるねん」

へぇぇ。おいしいのに。

「それから、レストランはあぶらを使いすぎる傾向もある。実際、あぶらの多いものはおいしく感じるねん」

そうか?

「たとえば大トロとか霜降り肉とか」

食いてぇ!

「オリーブオイルとバターがたっぷりとか」

うまそう!

「な。油をたっぷり使った方が万人の『舌』にはウケが好いねん。せやから基本、外食は『カラダ』が求める以上に油が多用されてるってワケや」

そうかぁ。おいしいのに…。

「そして化学調味料やあぶらたっぷりの料理ばかり口にしてると、舌がなまけて濃い味しか感じなくなるねん。更に人体にどんな影響があるかは、まだ未知数。現在、我々のカラダを使って人体実験していると思っていいんとちゃうか」

うわ、そうなんだ。そういえば身近に濃い味のものしか受け付けない人がいるわ。コンビニのチキンとか、すげぇこってり味のラーメンばっかり食べてんの。

「身体に良いバランスで料理したら自然と薄味になるもんや。だから一般的に病院食はまずいと言われてるんやと思う」

なるほど。なんか納得。

ところで、濃い味しか感じなくなったら戻しようがないのかな?

「極論やけど精製された調味料と油たっぷりの食事を絶てばええから、たいがいは断食すれば改善するで。もしくは良く噛んで素材の本来の味を感じる訓練をすることやな」

ふぅん。おぼえておこう。
他人事ではなくなるかもしれん。

ところでさ、化学調味料とか油なんて、家庭の料理でも使うじゃん。あんまり外食はカンケーなくない??

「ええとこ気付いたなぁ。そこなんよな。だから、自炊するだけでは健康的な生活とは言えない時代になってきてるねん。たとえば冷凍食品をレンジでチンしたら家庭料理か? カレーもカレールーを買ってきたら家庭料理ではなくなるのか?」

チンして解凍しただけじゃ料理とは呼べないと思う。でもカレーは家庭料理でしょう。

「どんな野菜かという観点だと、確かにカレーは家庭料理やな。せやけど、調味料や化学調味料、油をも選ぶという観点からだと違ってくる」

確かにルーを溶かせばもうカレーだからなぁ。スパイス調合からカレーを作る人なんてかなり稀だし。

「ということは、いくら家で料理をしていても、素材の選び方いかんではレトルトのカレーパックを温めるのと似たようなものやねん」

なるほど。難しいなぁ。
ところでつっちーは、今年のおせちもちゃんと作ったの?

「実はこのあいだ懐石料理のプロに教わって作ってみたけど、思いのほか砂糖が多くてな。まぁ、おせちはハレの料理やからええやろ」

ハレは特別なイベントごとって意味だね。

「大きな視点からだと、家で料理をすることはええことや。ただ、便利な道具や既に調味された食品が蔓延してきているからなぁ。素材と調味料はきちんとこだわって選ばないと、たとえ家で料理していても知らぬ間にジャンクな外食と同じになってしまうから要注意やで」

と、辻野先生は回答しましたとさ。

---------------------------------------------------------------------
■ やちきの見解
---------------------------------------------------------------------

うーん。とりあえず家で料理をするにも、いろいろ気をつけなきゃいけないのか。

そういえばうちの調味料もいろいろこだわったの買ってあるけど、賞味期限大丈夫かな。もっと料理しないと!


つづく

この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top