70%健康マガジン:辻野先生の回答

ココの情報は100%の健康をまったく保証しませんが、ボクがそうである
ように70%健康になるためのヒントが見つかるかもしれません。

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 七十八、「料理」について辻野先生の回答 | TOP | 八十、「恋の病」について辻野先生の回答 >>

2010.03.17 Wednesday

七十九、「筋肉痛」について辻野先生の回答

---------------------------------------------------------------------
■ 今週のお題:「筋肉痛にはどう対処すればいいですか?」
---------------------------------------------------------------------

ボクは誇れるくらい運動音痴ですが、意外と身体を動かすのは好きだったりします。

最近もフットサルをしたり、スノボに行ったり。

ただ、きちんと習慣化されてないから翌日から激しい筋肉痛に悩まされるのが、いつものパターン。

今年はフルマラソンに参加するなんて野望もありますし、つっちーなら良い解決法を伝授してくれるはず。さっそく聞いてみましょう。


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

そもそもさぁ、なんで筋肉痛になるんだろう。

「筋肉を動かすエネルギーは体内の糖分を分解することで発生するんやけど、そのときに疲労物質が出ると言われている」

知ってる。それって乳酸ってやつでしょ。

「どうも最近は乳酸ではないと言われてるみたいやけどな」

へぇ。そうなんだ。

「なんにしても非日常の過剰な代謝が関係しているねん。急激にカスが増産され溜まったり、気血の流れの滞りを引き起こしたり。これらの異常事態を知らせる大切な信号が筋肉痛やねん」

代謝か。食べたごはんがうんちになるようなもんだな。
ところで、毎日運動してれば筋肉痛にならないのはなぜ?

「普段せんのに急に運動するのは、いわば町で唯一の喫茶店に大量の人が押しかけるようなもんやねん。長蛇の列ができる状態が毎日続けば、そのうち近くに別の喫茶店ができるやろ?」

まぁ、そうなるだろうね。

「カラダも同じや。毎日運動して代謝が繰り返されればカラダが対応して、疲労物質の行列は解消されるようになるねん」

なるほど。じゃあさ、いざ筋肉痛になったらどうすればいいの?

「滞った流れを自力で解決できん状態やから、他動的に流す。つまりスポーツマッサージを受けたり、温泉に入ったりすることやね。基本はあっためるのがええ」

でも筋肉を冷やすスプレーとかよく売ってるじゃん。

「プロ野球のピッチャーなんかも、登板中ベンチにいるときは肩を冷やすけど、それは運動直後のオーバーヒート状態を抑えるためやな」

ふぅん。タイミングがあるってことだね。

「そうや。冷やしたり温めたりするタイミングは間違えると逆効果になって、ケガや故障の原因にもなりうるねん。筋肉のプロである柔道整復師やスポーツトレーナーに指導してもらったほうがええな」

ちなみに、筋肉がコリコリに凝り固まっちゃうと揉みたくなるけど、やっぱ自分で揉まないほうがいいの?

「揉み方しだいやな。基本的には気血を流してやるのが目的やから、さするだけの方いい場合もあれば、すっかり凝り固まっていて揉んだほうがええ場合もある。けど、その判断はやちきの言う通りプロに任せた方が確実やな」

だよねー。

この間スノボ行って、生活に支障が出るくらいの筋肉痛になったんだけど、スポーツマッサージ受けたら翌日にはほとんど回復してたもん。

何が違うのかわかんないけど、自分で揉んでたらああはいかないわ。

「本当は準備運動と整理体操をきちんとして、筋肉痛にならないのが理想やけどな」

そういえば準備運動はしても、整理体操はやってないなぁ。

「急に運動をやめるんでなく、徐々にクールダウンして疲労物質を流し切るのは大切やで」

整理体操って、具体的になにすればいいの?

「基本的に準備運動とやることは一緒や。しばらく歩いたり、ストレッチしたり」

なんだ。運動直後じゃないけど、ストレッチならけっこうちゃんとやってるよ。

「ストレッチするときは、ちゃんと呼吸してるか?」

呼吸? んー、どうだろ。「アイタタ」って感じだから、息は止めてるかも。

「息を止めると気の流れも止まるから、ストレッチは深呼吸しながらやらんとちゃんとした効果がないで。痛いと思う限界より、ちょっとゆるいところで止めて呼吸するのがポイントや」

え、そうなの?

「ちょっと前屈してみ。地面に指は届くか?」

意外と届くぜ。

…ほら。

「おお、なかなか柔らかいな。今、どこの筋肉が張ってる?」

そりゃ、腿の裏。

「よし、じゃ右脚だけストレッチしてみよか。床に座って、右脚を前に出して、腰を伸ばした状態で上半身を前に倒す」

イテテ…。

「その痛い状態よりちょっとゆるめたところで3回深呼吸や。まずはすっかり息を吐き切って、次に腹にしっかり空気を入れて」

スー…、ハー…、スー…、ハー…、スー…、ハー…。

「次はつま先を内側に向けた状態で」

つま先の角度変えんの? あいたたた。

「どうや? 伸びるところが違うやろ?」

うわ、ホントだ。こんなのはじめて知った。

「同じくここで3回深呼吸。終わったら今度はつま先を外側に向けて同じことの繰り返しや。で、左脚も同じように」

………。

先生、終わりましたー。

「じゃ、また前屈してみいや」

よーし。
これで記録が伸びなかったら気まずいけど…。

……お。

「さっきより行ったな。3cmくらい記録伸びてるんちゃう?」

ホントだー。すげぇ!

「たとえば運動前にこのストレッチをするのとしないのとでは、結果はだいぶ変わると思うやろ?」

うん、思う。

「極端な話をすれば、呼吸法がきちんとできてれば準備運動と整理体操は必要ないかもしれん。ヨガの行者のカラダが柔らかいのも呼吸がしっかりできてるからやで」

呼吸ってスゲーな。
マラソンのトレーニングするときも意識しよう。

「トレーニングのときも、準備運動と整理体操はたっぷりするべきやで。それなしに毎日1時間走るより、きちんとした呼吸で入念なストレッチを毎日1時間するほうがトレーニング効果があるくらいや」

と、辻野先生は回答しましたとさ。

---------------------------------------------------------------------
■ やちきの見解
---------------------------------------------------------------------

準備運動・整理体操。そして呼吸ね。

運動前に脚伸ばしたりするけど、いつも「んっんっ」って感じで息止めながら弾むようにやってたわ。

それがあんまり意味なかったなんて…。

いつの間にか飽きてやめちゃってたけど、また毎日ストレッチしようかな。


つづく

この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top