70%健康マガジン:辻野先生の回答

ココの情報は100%の健康をまったく保証しませんが、ボクがそうである
ように70%健康になるためのヒントが見つかるかもしれません。

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 八十、「恋の病」について辻野先生の回答 | TOP | 八十二、「体温」について辻野先生の回答 >>

2010.03.30 Tuesday

八十一、「糖尿病」について辻野先生の回答

---------------------------------------------------------------------
■ 今週のお題:「糖尿病はどうして危険なんですか?」
---------------------------------------------------------------------

オトナになったせいか、近頃は甘いチョコレート系のお菓子より、しょっぱ
い煎餅系のお菓子に手が伸びるようになりました。

まー、でもバレンタインでたくさんチョコ食べることになるのかなー?

なんて心配も、懸念に終わっちゃったし。
こりゃ、糖尿病になる心配はなさそうだ。

…そういえば、糖尿病ってどうなるんだろう?

よく耳にする病名ではありますが、周りに糖尿病の人が1人もいないから実感が湧きません。

これはつっちーの専門分野でしょう。さっそく話を聞いてみました。


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

「そうやんな、これだけ増加傾向にあるとはいえ、普通はどん病気かまでは知らんわな」

具体的にはねぇ。なんか「おしっこが甘くなるのかなぁ」とか、「糖尿病になったら注射をうたなきゃいけなくて面倒」とか、そういう勝手なイメージしかない。

「なるほど。イメージとしてはそう間違ってもないで。簡単にいうと自力で血糖値を下げれなくなる病気や」

へぇ。そう聞くと意外とシンプルだね。

「血糖値をコントロールする部分の欠陥が原因で糖尿病になる人もおるけど、大概は生活習慣が原因やな」

食いすぎってこと?

「そう。栄養過多やねん。だからひと昔前は『贅沢病』とか『王様・貴族病』なんて呼ばれていた。それが『成人病』になり、今は『生活習慣病』になってもうたな」

そうか。現代人はオトナもコドモも、みんな王様みたいな食生活を送ってるってことか。

「せやけどそれが原因で脚を切断せなあかんようになったり、気づかんうちに心筋梗塞になったりするのは割に合わんで」

え? なんで脚を切断?

「糖尿病になると細胞への栄養供給がうまくいかなくなるねん」

どうして? だって栄養はたっぷりあるワケでしょ。

「栄養をどう活用できてるかが重要やねん。たとえば植物に栄養やら水やらをやりすぎると根ぐされを起こすようなもんや」

なるほど。根ぐされ。
じゃあ、糖尿病って命にかかわる病気なんだ。

「実は糖尿病は、それ自体で死ぬことはないねん。危ないのは合併症やな」

ふぅん。なんかもっとちゃんと聞いておいたほうが良さそう。もうちょっと糖尿病について詳しく教えてよ。

「人間は細胞の活動で支えられてる。で、細胞は糖分がないと活動でけへんねん。つまり血糖値が足りない低血糖の状態やと、身体が働かん」

じゃあ高血糖のほうが良いじゃん。

「高血糖やと、大切な糖分をストックしておくために脂肪ができるねん」

じゃあ脂肪良いじゃん!!

「ところが、入ってくる糖の量が過剰になり、脂肪への変換が追いつかない。すると血液中の養分が過多になる。エネルギー消費が少ないと根ぐされが起きるんやな。サボテンに水をあげすぎると枯れるようなもんや」

ヒトってサボテンみたいなもんなのか?

「そうやねん。歴史上、氷河期や飢餓を乗り越えてきたワケや。つまり我々のご先祖様は栄養を節約するサボテンタイプやったから生き残ってこれたとも言える。せやから、こんな食べ物が豊富で高血糖の状態が続くのは人類にとって想定外やねん」

へぇー。

「そのせいか、サボテンタイプの我々には血糖値を上げる機能は豊富やけど下げる主な機能は1つしか用意されてない」

なるほど。それは?

「膵臓(すい臓)がつくるインシュリン(インスリン)というホルモン。血糖値を上げる機能は多々あるが、これが唯一、血糖値を下げてくれるねん」

そうか。1つしかないから弱いんだ。インシュリン。

「ところが逆なんよ。一気に食べたり、吸収しやすい白砂糖を食べたりすると血糖値が急激に上がる」

こう、グワーッと上がってく感じね。

「そこであせった膵臓はインシュリンをドバーッと放出し過ぎて、逆にガタ〜ンと低血糖になるほどにまで下げすぎてしまうねん。」

すげえ、グワーッでドバーッとなりガターンとなっちゃうんだ。

「で、低血糖になると、倦怠感や、頭がボーとして眠たくなったりという症状が出るねん」

ああ、ランチで量を食べ過ぎるとやたら眠くなるよ。実際。

「そこで血糖値を上げたいと身体が望み、甘いものが欲しくなって食べる。すると血糖値が急激に上がる」

こう、グワーッと上がってく感じね。

「そこでインシュリンが大量投入され過ぎて、低血糖になってしまう」

こう、ガターンッと下がってく感じね。

…ってコレ、終わんないじゃん。壮大なムダ?

「そう、悪循環やねん。するとたまらんのは、インシュリンを作るすい臓。これが続くとすい臓が疲れきってやられるわな。すると代理のインシュリン注射が必要になるねん」

なるほど。それで注射を持ち歩く必要がでてくるのね。
で、問題の合併症は? 甘いおしっこ?

「根ぐされから足の切断や、腎臓障害から人工透析生活になったり、失明したり、更には心筋梗塞や脳梗塞の原因になったり」

ムチャムチャ危険じゃないか。
なんか、自分で糖尿病か判断する方法ってないの?

「病院で血糖値を調べれば簡単やけど、自己判断は難しいな。症状としては疲れやすいとか、常に甘いものを食べてないと集中力が続かなくなったとか、いわゆる『気合が足りん』で済まされがちな症状が多いねん。それこそ、おしっこやな。おしっこが泡立つのは糖分が多い証拠やねん。これが続くようやと予備軍の仲間入りは近いで」

毎日じゃないけど、夜中にやたら飲み食いした翌朝なんかは、よく泡立つわ。

「甘いものを食べないとか、やせてるから安心ということはないで。身体を痛めつけるような贅沢をすれば誰でもかかる可能性があるんやから、やちきも気をつけんと」

はーい。

で、糖尿病はどうすれば治るの?

「薬事法上は、治るとは言えんな。ただ、生活習慣病という名前が教えてくれているように、ここを改めるのが根本的な治療法とちゃうかな」

なんか糖尿病って、思ってたより怖いんだね。

「そうやで。せやから糖尿病患者やその予備軍が増えてるのは問題なんよな。全国に1,370万人いると推定されているらしいで」

ふむぅ。

「対策としては、玄米とか消化吸収に時間のかかる食事を心掛けること。そうすれば血糖値は緩やかに上がって、緩やかに下がるねん」

つまり食事を変えるってことね。

「あと良く噛んで、ゆっくり食べることやな。そして気を付けるべきは精製された調味料や食べ物。急激に血糖値が上がるからや。ゼリー状の食事とか、健康ドリンクなんかに頼らず、自然のものを、自然のままに食べるのが一番やな」

と、辻野先生は回答しましたとさ。

---------------------------------------------------------------------
■ やちきの見解
---------------------------------------------------------------------

いや、糖尿病って怖いんだなぁ。
恥ずかしながら、まったく知りませんでした。

実際に糖尿病になりそうな生活してるから、気をつけないとヤバイですね。

ネットで調べて、もうちょっと知識を仕入れておこう。
★厚生労働省の糖尿病ページ
★Wikipedia(ウィキペディア)


つづく

この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top