70%健康マガジン:辻野先生の回答

ココの情報は100%の健康をまったく保証しませんが、ボクがそうである
ように70%健康になるためのヒントが見つかるかもしれません。

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 八十一、「糖尿病」について辻野先生の回答 | TOP | 八十三、「結石」について辻野先生の回答 >>

2010.04.02 Friday

八十二、「体温」について辻野先生の回答

---------------------------------------------------------------------
■ 今週のお題:「体温ってそんなに大事ですか?」
---------------------------------------------------------------------

去年発売された本で『体温を上げると健康になる』という本がありました。

なんだかつっちーが普段から言っていることとドンピシャ(死語?)だったので気になっていたのですが、未だに読んでなかったりします。

そこで、つっちーにざっくりとした話を聞いてみました。


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

で、体温を上げると本当に健康になるの?

「体温を上げると良いというのは、実は10年も20年も前から似た内容の本はあったで。それに東洋医学では何千年も前から当たり前のことやねん」

あ、そうなんだ。てっきり最新情報なのかと思ってたよ。

「体温が高いほど良いということは、反対に体温が低いほど不健康ということでもあるんやで」

へぇぇ。なんか常に熱っぽい人って不健康そうだけどなぁ。

「低体温のほうが、省エネではあるんやけどな。例えば冬眠している動物は低体温だったりするで」

でもさ、人間は眠くなると手足がすごくあったかくなるよね?

「眠いと体表は熱くなるが、内側は冷えてるねん。雪山で寝ると死んでまうのも、眠ることで体温が下がるからなんやで」

そうだったのか! なんで寝たら死ぬのかずっと疑問だったんだよ。じゃあ、寝起きのときやたら寒いのも体温が下がってるからなんだな。

じゃあ、低体温の人って凍死する危険があるの?

「よっぽどの環境にいなければ、低体温が死因になることはほぼあり得んわ。低体温が良くない理由はエネルギーが不足して、免疫力や臓器の機能が低下することやな」

なんで?

「人間の細胞1つには1000〜2000の酵素がおってや。こいつらが活動のエネルギーになるんやが、酵素は温度が低いと働かなくなるねん」

おお、その気持ち分かる。寒いと働きたくないもんね。
でも、暑すぎても働きたくなくなるでしょう。

「そうやな。酵素が最も活発に働く体温は40℃と言われとる」

40℃! すげえ高熱じゃん。

「本来の深部体温は、わきで測る体表より1℃程度高いから、やちきの平熱も38℃近くあるはずやで」

もったいぶってるな。常に40℃で100%のチカラを発揮すればいいのに。

「フルパワーは風邪を引いたり、怪我をしたときのために取っておいてるねん。常に全開だと疲れるやろ?」

なるほど。それは言える。
だから風邪を引くと熱が出たり、打撲したところは熱を持ったりするのか。

「その通り! ちなみに、体温が1℃下がると細胞の活動量は30%落ちるとも言われとるで」

へぇ。たった1℃でけっこうガクンと下がるんだ。ところでさ、そもそも低体温の人ってなんで体温が下がっちゃったんだろう?

「身体を冷やす要素と温める要素のバランスが崩れてしまっとるケースが大半とちゃうかな。例えば年中ビールをガブガブ飲んでるとか、朝風呂に入っては湯冷めしてるとか」

ビールって関係あるの?

「ビールは身体を冷やすからな。食事で言えば冬野菜は身体を温め、夏野菜や南国のフルーツは身体を冷やすとか。とりあえず、難しいことは考えんでええから地元の旬のものを食べるのが理想や。すると結果いいバランスになるねん」

さすがに、そこまでは意識してないなぁ。それが積もり積もると、平熱が35℃台とかになっちゃうのかね。

「例えば平熱が35.6℃の人が風邪を引いて熱が1度上がったとき、体温は36.6℃にしかならんねん。つまり、風邪を引いているのに平熱が36.6℃の人の免疫力と変わらんのよ」

なるほど。酵素が活発に動く温度には個人差がないから、平熱が低い人は単純に不利なんだ。これはヤバイね。

「でも、温度が低くても活動できる細胞を人間の身体は生み出すことがあるねん」

へぇぇ。

「それが、がん細胞や」

ダメじゃん!

「逆に言えば、がん細胞は温度が高いと死んでしまう。だから温熱療法と言う、温泉に入る療法もあるくらいや」

そうなんだ。

「そもそも、体温が高ければがん細胞は生まれんしな」

なるほど。体温の重要性はよーく分かった。
で、結局何℃くらいが理想の体温なの?

「脇で測って37℃くらいが理想やな」

うそーん!
それって風邪気味じゃん。

「あくまで理想の体温やけど、ホンマやで。赤ちゃんは細胞が活発に活動しとるから、平均体温が37℃以上あることもざらや」

そうなの? 知らなかった…。

「体表温度は眠いときや運動後は高くなるから、正確な平熱を測るのは結構難しい。大事なのは毎日同じコンディションで測ることやねん」

ほう。どうすれば良いんだい?

「おすすめのタイミングは日々の変動の少ない起き抜けやな。布団の中で安静の状態のままで測る。とにかく低体温は万病の元やし、体温は健康の良い目安
やから常に気にかけといたほうがええで」

と、辻野先生は回答しましたとさ。

---------------------------------------------------------------------
■ やちきの見解
---------------------------------------------------------------------

そうかー。37℃あたりは風邪気味だと思って、ずっと生きてきたよ。

それにしても、平熱が低いのがそんなに危険だったとは…。

体温を測るのって病人くさくてあまり好きじゃないんですが、これからはめちゃくちゃ調子の良いときでも、たまに体温を測ってみようと思います。

つづく

この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top