70%健康マガジン:辻野先生の回答

ココの情報は100%の健康をまったく保証しませんが、ボクがそうである
ように70%健康になるためのヒントが見つかるかもしれません。

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 八十八、「発疹」について辻野先生の回答 | TOP | 九十、「エアコン」について辻野先生の回答 >>

2010.08.01 Sunday

八十九、「汗かき」について辻野先生の回答

---------------------------------------------------------------------
■ 今週のお題:「汗かきは治りますか?」
---------------------------------------------------------------------

ボクは夏場でもタオルケットを使わず、おなかに布団を乗っけて眠る派。さらに、寝るときにエアコンは入れない派。

派閥を名乗れるほど、そういう人が他にいるか疑問ですが。

当然のように、起きた時の寝汗はすごいです。だから夏場は洗濯物が多くて大変。

寝汗だけでなく、日中に活動しているときもなかなか汗をかくほうですが、不思議と暑さは気にならないんですよね。きっと寒いのに弱い分、暑さと湿気には強いんでしょう。

ともあれ、CMや広告で汗対策グッズをよく見かけるようになりました。みんな、にじみ出る汗が不快でならない様子。

汗かきが気になる人のために、つっちーに発汗対策を聞いてみますか。


- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

「そういえば、やちきの発疹はもう治ったんか?」

うん、まぁね。
ポリポリ。

「かいてるやん」

ま、今日はそれは置いといて。

最近、風呂上がりもべとつかない入浴剤とか、ワキの汗を吸収するシャツとか、拭けばサッパリ汗取りシートみたいなグッズの広告をよく目にするんだけど。

「確かに発汗対策のグッズはたくさんあるみたいやな」

気になるのは汗を抑えるスプレーとか、汗を出なくしちゃうやつ。そういうのってどうなの?

「汗をかくというのは生理現象やから、無理やり抑え込んでしまうのはやっぱり不自然やな。いわばウンチを我慢するようなもんや」

ふぅん。でもウンチなんて、我慢してしまえばいいのさ。

「そういうワケにもいかんやろ。ウンチを我慢すれば便秘や肌荒れの原因にもなるで」

そうか。でもウンチはともかく、汗なんて出なくても困んない気がする。

「そもそも、人はなんで汗をかくか知っとるか?」

体温調整でしょ。

「お、正解や。精神性の発汗もあるが、基本的には体温を一定に保つための機能や」

でも、汗対策のグッズってさ、だいたいがひんやりするんだよね。使うと。
それで、スーッと汗が引くワケさ。

なかにはメンソールがキツ過ぎるのもあるけど。

「ひんやりすることはあまり重要でなく、問題はちゃんと体温が下がるかどうかやねん」

そう言われると、ああいうグッズでちゃんと体温が下がってるかは自信ないなぁ。じゃあ、汗を止めるグッズは使わないほうがいいんだ?

「汗は体温や身体の水分量の調節をしてるからや、無理やり止めないほうが望ましいな。ただ、異常事態の場合は別やで。たとえば気の働きが弱くなって汗が自分で止められないようなときは、対処療法的にでも止めなあかん」

そんな異常事態が、一生に何度訪れるかは疑問だけどね。

結局、夏は汗をかきなさい。それが健康的やで。
という話だね。

「汗をかいて健康的に元気になれる人は、という条件付きでその通りやな」

おろ、オチを読み違えた?

「やちきは手を絞っても汗は出ないやろ?」

もちろん出ないね。小学校のころは「ぞうきん!」なんて言って手を絞るのが意味なく流行ったけど、そのときも汗は出ませんでした。残念ながら。

「それは固摂作用(こせつさよう)という気の働きのおかげやねん。これは水分をあるべきところに留めておく作用で、これが低下すると体温調整とは無関係に汗や体液が漏れ出てくる。これは、例えば気虚(ききょ)の人に見られる症状で、この場合は治療した方がええ」

キキョ?

「気が弱ってる状態のことやな。たとえば汗をかいてグッタリしたり、汗で水分が足りなくなってやつれる人は気虚の可能性が高い」

ふぅん。

結局さ、汗は薬品なしでは抑えられないの?
女性だけでなく、男性もワイシャツの脇にシミができちゃうとみっともないじゃん。

「気持ち次第で汗は抑えられるで」

え、そうなの?

「暑い暑い言ってると、本当に暑くなってきて汗をかいてしまうから、涼しいと思うことやな。心頭滅却すれば火もまた涼し、なんて言われるように、精神と肉体の関連性は重要やで」

そんなんで良いんだ。

「体温調整の中枢が脳にあるから、うまく脳をだませれば身体は変わるんや。あとは怒らないこと。怒りは気が上に登るから顔に汗をかきやすくなるねん」

へぇぇ。逆に涼しくなる感情ってあるの?

「恐怖・怖れは血の気が引いて下にさがる。だから夏は怪談やホラー映画が多くなるんとちゃうかな」

な、なるほど。そういうことだったのか…。

「それから、皮膚に圧力がかかると同側の発汗が減少し、反対側で増加するという反射があるねん」

知らなかった…。だからずーっと座ってるとお尻にやたら汗かくのか。
あと、パンツのゴムのところとか。

「それは、単に蒸発できずに蒸れているだけやな」

がーん。

「反射は右半身を下にして寝ていると左側ばっかり汗をかくということやねん。着物を着ると顔から汗をかきづらいのは、両側の胴を帯でギュッと締めてるからかもな。それより帯で丹田が安定して、気がしっかり巡ることと関係があるんやと思う」

なるほどー。
確かに着物を着てる女性がダラダラ汗をかくことってなさそうな気がする。

じゃあさ、これってベルトでも代用できるの?

「反射を利用するならベルトでは細すぎる気もするけど、へそ下をクッと締めれば丹田も安定し無駄な汗の発汗は抑えるかもしれん。ただ、それ以上に重要なのは気の持ちようや。不自然な発汗がある場合は、きちんと鍼灸治療をしたほうがええで」

と、辻野先生は回答しましたとさ。

---------------------------------------------------------------------
■ やちきの見解
---------------------------------------------------------------------

そうかー。ベルトを締めると汗が止まるねぇ。

さっそくキツめに締めてみるか…。

……。

…ひょっとしてこの原理を利用して汗をかかない腹巻とか開発したら、バカ売れするのでは?

早く東京特許許可局に駆け込まねば!

つづく

この記事のトラックバックURL

http://magazine.soragroup.jp/trackback/1538498

トラックバック

▲top