70%健康マガジン:辻野先生の回答

ココの情報は100%の健康をまったく保証しませんが、ボクがそうである
ように70%健康になるためのヒントが見つかるかもしれません。

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 三十六、「鼻血」について辻野先生の回答 | TOP | 三十八、「ひな祭り」について辻野先生の回答 >>

2008.03.04 Tuesday

三十七、「ゲーム」について辻野先生の回答

---------------------------------------------------------------------
■今週のお題:「TVゲームはキケンですか?」
---------------------------------------------------------------------

最近はゲームがまた注目を集めてますね。特に任天堂のDSとWiiはすごい人気。女性も50過ぎのおじさんも夢中になってるし。

ちなみにボクが今欲しいのはプレステ3。あー、いつ買っちゃおうかなぁ。

でも前にTVゲームが社会現象になったとき、「目が悪くなる」「ゲーム脳になる」とさんざん非難されてた時代がありました。

目が悪くなるのは分かるけど、ゲーム脳ってなんだっけ? ヘビー級のゲームマニアとしては知っておかなきゃマズイよな。

とりあえず自分でも調べがてら、つっちーにも意見を聞いてみよう。

まずはゲーム脳について。こういうのを調べるのは『Wikipedia』に限ります。さっそく検索してみましょう。

おおおー。情報が、多い!

とりあえずまとめると、ゲーム中は脳からβ波が出なくなります。これが習慣化すると普段から思考活動が衰える、感情のコントロールができなくなる。など痴呆に近い状態になってしまう。これがゲーム脳。

ってことはアレか。『脳トレ』をやっていると、痴呆になるのか!!

でもずっと読み進めると、どうやらあんまり信憑性はないというか、実証はされていないようです。なんだい。じゃあ話はふりだしに戻ったワケだね。

それをふまえて、つっちーのゲームに対する意見はどうだい?

「ようやく出番やな。オレとしては、ゲームに関しては賛成でも反対でもないねん。ただバランスが大事やから、基本的に現代人はゲームをやらんほうがええと思っとる」

ほうほう。つまり良い面も悪い面もあると?

「そうやな。たとえばゲームはバーチャルな世界を通じて、現実に応用できるいろいろなシュミレーションができる。これは大脳新皮質を刺激するから、能力開発にもつながんねん」

だいのうしんひしつ?

「人間の文化的な能力をつかさどる脳の部位やな。ほかの動物と人間では、この大脳新皮質のボリュームがぜんぜんちゃうねん」

つまり人間らしさを演出しているのが大脳新皮質だと。じゃあゲームの悪い面というのは?

「人間らしさをつかさどるのが大脳新皮質なら、生物として根本的な生きる能力をつかさどるのが大脳皮質(だいのうひしつ)。ゲームは結局2次元の仮想世界やから、どんなにクオリティがあがっても、現実世界ほど大脳皮質的な能力が磨かれることはないねんな」

ええー。じゃあさ、大脳皮質的な能力がほとんど磨かれないって点では、元祖ファミコンもプレステ3も一緒ってこと?

「そうやな」

でもカラダをぐるぐる動かすWiiは違うでしょ?

「いや、ゲームはゲームやで。運動になるぶん、良いかもしれんけど」

それを言い始めたら、映画とか本も2次元じゃんか。

「そう、一緒やねん。どんなバーチャルな世界もリアルにはかなわん。オレも食に関する知識を学ぶとき、インターネットや本だけでなく実際に全国の生産者の元を訪ねたからな」

うーん。いかにもつっちーらしい動きだよね。でもゲームで人間の文化的側面が磨かれるなら、別に大脳皮質的な能力、つまり野生的なチカラまで鍛える必要はないのでは? ボクらが現実に生き延びるべきは熱帯のジャングルでなく、都会のコンクリート・ジャングルなワケだし。

「だからそこがバランスやねん。現代の日本は仕事をして、お金を稼げば誰でも気持ち良く生活できる。それは社会としてすばらしい仕組みやけど、もしもそれを支える経済が破綻したら、ほとんどの人が生活できなくなる」

SFなんかでよく見る文明崩壊後の世界が、すぐそこまで来ていると?

「そう予想する人もいるけどな。ま、未来がどうであれ、現代人は文明の発達と反比例して、自然と共存するチカラや知恵が失われているように感じる。動物では絶対にやらないような凶悪犯罪と、精神のバランスが取れなくなることによる精神病の増加。これは生物としてかなり不自然な状態やねん」

つまり文明に依存しない"裸のタフさ"が失われつつあると。確かに、無人島に取り残されたらきちんと生きていく自信がないな。ボクは。仮に命をつなぐことはできても、世界に絶望して生きる理由は見つけられないかもしれない。

「ある側面から言えば、社会の情報化が進んで大脳新皮質的な能力がどんどん求められるようになっているのは、今までの概念とは違う新人類が育っているからかもしれん。でもオレの考え方では、やっぱり生物として本来あるべき姿も大切やと思う。だからゲームをするよりは、土や森と触れ合う時間を作って大脳皮質的な能力を伸ばすほうが、バランスの崩れた現代では有意義なんとちゃうかな?」

と、辻野先生は回答しましたとさ。

---------------------------------------------------------------------
■やちきの見解
---------------------------------------------------------------------

文明に依存しない"裸のタフさ"。つまり根本的な人間力。肉体的にも、精神的にも。

つっちーが求める「健康」とは、これのことか! と一人で納得。病気をしても薬を飲むなとか、添加物を避けろとか、運動をしろとか。文明まみれの都会で生活しているのに、あえてその文明を遠ざける道を探している感があるもんな。あの人は。

どうやら今回はゲームの話を入り口に、大脳の話を経由して、だいぶ深いところまで行ってしまった模様です。

個人的には、この裸のタフさはけっこう大事だと思いました。文明、つまりお金で買えるものは生活を便利にするから、ついそれに甘えて、依存して、気が付けば溺れて、弱い人間になってるもんね。ボクなんかは特に。

これが行き過ぎると、お金に狂ってしまったり、ささいなことで引きこもったり、自殺するようになるんだろうか?

いやぁ、変に考えさせられるなぁ。


つづく

この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top