70%健康マガジン:辻野先生の回答

ココの情報は100%の健康をまったく保証しませんが、ボクがそうである
ように70%健康になるためのヒントが見つかるかもしれません。

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 四十二、「ウソ」について辻野先生の回答 | TOP | 四十四、「メタボリック症候群」について辻野先生の回答 >>

2008.04.15 Tuesday

四十三、「一物全体食」について辻野先生の回答

---------------------------------------------------------------------
■今週のお題:「一物全体食(いちもつぜんたいしょく)ってなんですか?」
---------------------------------------------------------------------

つっちーは料理をするのが好きでよく食事を振舞ってくれるのですが、なかなかうまいんですよ。これが。

ところが、野菜の皮をむかないんですよ。これが。

おいオイoi。面倒がらずに皮くらい剥こうぜ。と言ったところ、どうやら“一物全体食”の観点から野菜の皮剥きはNGなんだとか。

まーた漢字だらけの単語が出てきましたよ。とりあえず理解できなかったので、つっちーに説明を求めてみました。

「一物全体食はな、マクロビオティックでも根底をなす重要な概念やねん」

いちもつぜんたいしょくがまいくろびてっくで重要、と。ふむふむ。ごめん、全然分からない。

「マクロビオティックからして分からんと、どうも説明しづらいな」

よし、とりあえず困ったときのウィキペディアだ。

【マクロビオティック】

んーーー。難しい。要するに玄米と野菜を食べるってだけじゃなく、あーだこーだと縛りが多いことは理解できました。確かに「皮も根も捨てず、まるごと食べる」とか「アクは取らない」とか書いてあるわ。なんで? 栄養がたっぷりだから?

「それより、もっと根本的な話や。つまり自然なものを自然なままに食べましょうって考え方やな」

なるほど。面倒だから皮を剥かないワケじゃなかったのか。

「白米じゃなく玄米を食べるのも同じ理屈やで」

あー、そうかそうか。なんでつっちーが玄米ばかり食べるのかって、そういう理由があったのね。でもなんでもかんでも一物全体食じゃ、きちんと手間隙かけた料理に比べて味が落ちるでしょう。

「そこは否定せえへん。日本料理は舌をよろこばせるために、長い伝統のなかで磨き続けられたものやからな」

海外の料理は?

「海外は専門外や。よう知らん。よう知らんが、味を追究した料理が多いのは間違いないやろ。ただ、そういった料理はカラダを作ることは目的とちゃうねん」

でもたかが皮とか胚芽じゃん。捨てたってそんな大差ないって。

「それが大ありやねん。たとえば水に浸した白米は腐るが、玄米は芽を出す。だから1粒の玄米は後に3000粒の米を生み出す可能性を秘めてるんや。その違いは、ただ精米されてるだけやろ? 野菜の皮にしても理論は一緒で、にんじんもやちきも皮があって、はじめて1つの命として完成してる。それを取り除くのは不自然な話やで」

うん。さらりとボクの例えが入ったのが気になるけど、納得はできる。にんじんとか玄米なら。ただ、まるごと食べるって言ったって、りんごとかはどうすればいいのさ? まさか木まで食べるワケにはいかないでしょう?

「要するに、それが食いたいか? って話や。人間は自然界の中で、自分が近代的な道具なしで手に入れられるものを採って食えばええ。たとえばマグロは手づかみで捕獲できないが、アサリは捕獲可能やろ?」

うん。

「リンゴの実は採れるが根こそぎは引っこ抜けんやろ?」

うん。まだそこまで修行できてないね。

「サルは小動物は捕獲して食べることはあっても牛は食べないやろ。だからそもそも人間が素手で捕獲できないマグロや牛は一物全体食の対象外やねん」

そうか。食事を選ぶときのスタンスは、基本的に原始人でいけばOKだね?

「ま、そう言われると変な気もするが、実際そうやな。なんにしても自然の命あるものを食べるのがカラダを作る食事の基本中の基本や」

なんだか、料理人の立場がないね。

「いや、オレが言ってるのは日常の、家庭で食べる食事のことやん。ハレの日はもちろん、誰かをおもてなしするときなんかは味を追究した料理を作り、楽しく食べるのはええことや。いつかも言ったけど、その使い分けがしっかりできるのが理想やな」

と、辻野先生は回答しましたとさ。

---------------------------------------------------------------------
■やちきの見解
---------------------------------------------------------------------

うん。つっちーも言っていたけど使い分けとかバランスだよね。大事なのは。

なのでボクとしては徹底したマクロビオティックの実践とか、完全菜食主義になることは別に推奨しません。大変だもんね。本当に。急にはじめても変なストレス溜まりそうだし。

ただ、家の米を玄米に替えるとか、料理のとき野菜の皮を剥かないくらいなら簡単だしおすすめです。玄米なんて実は白米より安いし、洗米する必要もなくてラクだし。


つづく

この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top