70%健康マガジン:辻野先生の回答

ココの情報は100%の健康をまったく保証しませんが、ボクがそうである
ように70%健康になるためのヒントが見つかるかもしれません。

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 四十五、「口内炎」について辻野先生の回答 | TOP | 四十七、「鍼灸院」について辻野先生の回答 >>

2008.05.12 Monday

四十六、「ダイエット」について辻野先生の回答

---------------------------------------------------------------------
■今週のお題:「そもそもダイエットって何をすればいいんですか?」
---------------------------------------------------------------------

前々回にメタボについて書きましたが、胴回りを細くする方法については「とりあえず歩け」くらいで特に役立ちそうなことが聞けませんでした。

そこで今回はダイエットについて。

というか、健康マガジンやってきて今までダイエットの話題がなかったのが我ながら不思議でしょうがない。ま、カロリー計算とか脂肪のコントロールなんて話はありましたが。

とにかく、つっちーにダイエットについて聞いてみよう。


「あれ? ダイエットってやったことないの?」

そうなんだよ。あまりにもありがちなキーワードだから逆に忘れてた。

「そうか。それはやっとかなあかんわな」

うん。最近は男性でもダイエットを意識してたりするしね。メタボ効果かもしれないけど。知ってる中にもジムに通ってたり、毎日ランニングしてたり、穀物ダイエットって言ってごはんを控えてる人がいるよ。

「ダイエットは万人ウケするだけに情報量が半端じゃない。それだけにシロウト判断はよろしくないねん」

たとえば?

「最たるものがカロリーやな。これは前に話したけど」

ずいぶん前の話だから忘れちゃったよ。どんな話だったっけ?

「かんたんに言うと“食べた量=太る量ではない”ってことや。カロリーはすべての食品が数値化できるからな」

そんな話だったっけ? だけどカロリーを控えてれば太ることはないんじゃないの?

「周りにおらんかな? 適量しか食べてないのに太る人。あと、やたら食べてるのに太らん人」

食べても太らないのはボクとギャル曽根のことだよ。でも適量しか食べなくても太る人ってのはどうして太るの?

「適量でも正しい食べ方をしなかったり、食事のリズムがムチャクチャやったら太るわな。もちろん人によっていろいろあるけど」

あー、そういうこと。

「カロリーとして数値化できるから目の敵みたいにされてるのが糖分(炭水化物)と脂質、たんぱく質の3大栄養素やね。特に糖分と脂質は商品を売る側にうまく利用されとるな」

利用されてんだ。カロリーと糖分と脂質って。

「ちょっとコンビニの棚見れば分かるで。必ずと言っていいほど“カロリーオフ”、“糖分ゼロ”、“ノンオイル”なんて食品があるやろ」

あるある。コレクションしがいがありそうなくらいあるね。

「糖分にしても脂質にしても、人間が生きていくのに必ず必要やねん。たとえばビタミンには水溶性と脂溶性とがあるから、油を摂らないと脂溶性のビタミンは吸収されん」

それを抜いてどうするんだって話だね。

「カロリー換算される食品にばかりフォーカスを当てすぎると、ビタミンやミネラルなんかのカロリー換算されない重要な栄養素が不足するおそれもある。極端な話をすると、太っていて総カロリーは足りてるけど栄養失調ってこともあり得る」

へぇ〜。相変わらず何を信じていいのか分からなくなること言うね。

「でもな、実はカロリーだけに注目するのは現代栄養学的にも時代遅れなんやで。昔の栄養学では3大栄養素(糖質、脂質、たんぱく質)だったが、今は7大栄養素(+ビタミン、ミネラル、食物繊維、水分)に変わった。つっちー大予言では酵素・酸素・窒素・紫外線なども必須栄養素に加えられる日が来ると信じとる」

まーたマニアックな話を。じゃあ東洋医学的にはどうダイエットしたらいいのさ?

「東洋医学はシンプルやで。要は五臓六腑(ごぞうろっぷ)のバランスさえ取れてればええねん」

五臓六腑。なんかゴツイ表現だけど、内臓のことだね。でも脂肪を取る話なのに内臓なんて関係ないでしょう。

「仮にダイエットの相談をされたとしても、東洋医学では脂肪なんて診ない」

いやいや、そこは診ようよ。

「そこがそもそものカン違いや。脂肪というのは結果に過ぎないんやで。それは植物の元気がなくなったときに枯れた葉っぱを一所懸命なでるようなものやねん。本当に診て、ケアすべきは根っこ。人間でいう五臓六腑や」

おー。なんか説得力ある。

「五臓六腑さえしっかりしてれば、食べ過ぎても余計な分はきちんと排泄するようになる。だから単純にりんごばっかり食うとか、カロリーを制限すればいいってワケにはいかんのよ」

なるほどね。理解した。

「ただし、充分すぎるほどやせてる人のダイエットには向かんな。本来あるべき健康的な体型になるワケやから、やせている人がオレのやり方に従うと、逆に太るかもしれん」

じゃあ、内臓をしっかりさせる方法は?

「それはもう専門家の領域や。単純には言えん。人間はクッキーの型みたいにみんな一緒ではないからな」

じゃあ専門家って誰よ? とりあえずつっちーに聞けばいいの?

「もちろんオレでも構わんし、近くの鍼灸院で診てもらうのもええで。ただし鍼灸院でやるのはダイエットでなく、あくまで五臓六腑を整える治療と指導やけどな」

と、辻野先生は回答しましたとさ。

---------------------------------------------------------------------
■やちきの見解
---------------------------------------------------------------------

なるほどねぇ。とりあえず太ってるのが気になるなら鍼灸院に行けばいいんだ。

でもさ、鍼灸院ってそういうところだったか? なんか肩がこったら針をプスプス刺すところじゃなかったっけ? あとお灸をすえるとか。

実は鍼灸院ってよく分からないな。こんなに長いこと東洋医学的なメルマガやってきてるのに。

というワケで、とりあえず辻野先生に聞いてみます。


来週につづく

この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top