70%健康マガジン:辻野先生の回答

ココの情報は100%の健康をまったく保証しませんが、ボクがそうである
ように70%健康になるためのヒントが見つかるかもしれません。

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 五十一、「虫歯」について辻野先生の回答 | TOP | 五十三、「湿気」について辻野先生の回答 >>

2008.06.24 Tuesday

【70%健康マガジン】五十二、「1周年」について辻野先生の感想

こんにちは。やちきです。

なんと。

『70%健康マガジン』が今回でめでたく1周年を迎えました!

ぱちぱちぱち。


というワケで今回は、特にテーマを考えていません。だって1年もの間、毎週毎週なにかしらの健康情報を詰め込まれてきたんだしね。たまにはアタマを休めないとね。まぁ、70%以上は忘れていますが。

それでどうですか? つっちー。1年間やってみた感想は?

「いやぁ、なんちゅうかおめでとう」

はぁ、ありがとう。

「いい機会だから聞きたいんやけど、このメルマガの趣旨ってなんなん? 実は毎週、質問に答えている割にはその根本的なところがわからんのやけど」

なんだい。そんな自由人的な感覚で1年間も話してたのか!

そもそもこのメルマガを始めた理由は、つっちーの東洋医学とか食養の視点から語られる知識がおもしろかったからだよ。“ダイエットにカロリー計算は必要ない!”とか、インドのアンバジ洞窟で修行しているプララド・ジャニさんは68年間、食べ物はおろか水すら口にしていない、とか。

「インドのなんとかさんの話は、やちきがどこかから見つけてきた話やん」

でも3ヶ月は何も食べなくても生きてけるとかね。そういう常識をくつがえすというか、自由奔放というか、ムチャクチャというか。そんな話を普段から耳にしていると、自分だけで聞いているのがもったいなくなったんだよ。これはいろんな人に伝えなければ! ってね。それが『70%健康マガジン』をはじめたきっかけです。

「そうか。そりゃ嬉しいなぁ。そもそもオレ自身こんな話が心底大好きで、この既成概念が打ち破られた瞬間になんともいえない快感がこみあげるねん。そこまではいかずとも共感してくれるのは嬉しいね」

こういう表現は適切でないかもしれないけど、70%で扱ってる情報を最初から知ってる人というのは、かなり「濃い」人だよ。なんか東洋医学的というか、代替医療系は素人と玄人しかいないイメージがある。中間層がいないんだよね。ひょっとしたら「ロハス層」と言われてる人がそうなのかもしれないけど。

ボクとしては玄人ではなく、素人に情報を発信したいと思ってる。健康というのは病院の医者から一方的に与えられるものではなく、自らの意思で選択できるものだと知ってもらいたいからね。

「なるほど、そんな風に考えてたんやな」


つっちーはこの1年間でなにか感じたことはある?

「そうな。情報の発信をしていて感じるのは、やっぱり知識として知っているのと、それを実践するのとではえらいギャップがあると思った」

たとえば?

「やちきは“物をよく噛んで食べるとカラダにいい”というのは知ってるか?」

うん、知ってる。

「じゃあ、実際にひと口100回とは言わんが、50回以上噛んで食べてるか?」

それはやってないよ。時間かかるし、疲れるし。

「そうやねん。こないだ実際に健康に意識の高い人が5・60人くらい集めてイベントをしたとき同じこと聞いたんやけど、ほぼ全員がよく噛んで食べるのが健康にいいことは知っていた。ところが実践できている人と聞いて手を上げた人は1人だけやった」

そんなもんだよね。

「今後は、きちんと実践できるような指導。つまり実践の場をもっともっと広げていくことがオレ自身の課題やな」


じゃあこれからの1年間はどうしていくかを語ってもらって、今回は締めくくろうか。

「そうやな。実はこのメルマガは自分自身の勉強になることも多いんよ」

え、そうなの?

「たとえば聞かれた内容が自分のなかであやふやだったりするとな、密かに書物を読んで見直しとかしてた。だからこの企画は自分のなかで情報が適度に掘り起こされて、いい感じやねん」

ボクも意外と役に立ってんなぁ。

「今まで以上に自分の分野というか、やるべきことに集中できるようになった。調味料マイスターの資格を取ったり、軽井沢の“星のや”で森林養生もスタートした」

結婚もしたしね。

「それはメルマガと関係あるかわからんけど、まぁそういうことにしておこうか。とにかく、これからも情報発信はしていきます。その先にはこのメルマガを読んでいるあなたが体感・実践というものに移行できるよう取り組んでいきたい。まだ、模索段階ですが、今年のつっちーにご期待ください!」

と、辻野先生は回答しましたとさ。

---------------------------------------------------------------------
■やちきの見解
---------------------------------------------------------------------

飽きっぽいボクにしてはよくぞ1年間も続いたなぁ。
というのが正直な感想です。

そんなワケで、来週は1度お休みをください。ぐでっとします。とりあえず。

そして再来週からはじまる、特にリニューアルもしない『70%健康マガジン』。2年目もどうぞよろしくお願いします!


つづく

この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top