70%健康マガジン:辻野先生の回答

ココの情報は100%の健康をまったく保証しませんが、ボクがそうである
ように70%健康になるためのヒントが見つかるかもしれません。

<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 【70%健康マガジン】五十二、「1周年」について辻野先生の感想 | TOP | 五十四、「うつ」について辻野先生の回答 >>

2008.07.01 Tuesday

五十三、「湿気」について辻野先生の回答

---------------------------------------------------------------------
■今週のお題:「じめじめ湿気はカラダに悪いですか?」
---------------------------------------------------------------------

すっかり梅雨になりました。

今年は適度に雨が降って、いい感じに湿度が高いですね。
電車やらバスやらの不快指数はうなぎ登りです。

なんだか押入れやらお風呂だけでなく、油断してると自分自身にまでカビが生えそうでちょっと心配な今日この頃。

こんなときは、つっちーに話を聞いてみるに限ります。

- * - * - * - * - * - * - * - * - * - * - * -

「湿気な。まぁ良くも悪くもあるわな」

やっぱ悪いこともあるんだ。たとえば?

「湿度が過度に高いと、気血の巡りに影響が出る。だから雨の降る日は古傷が痛むなんてことも実際にあるんやで。ま、基本的に何事もバランスが崩れるのはよろしくない。つまり湿度が過剰に高いのは、健康にもよろしくないってことや」

そうなんだ。でものどが痛いときなんか、加湿器で水蒸気吸い込むじゃん。

「もちろん、人間が干からびずに生きていられるのは湿度のおかげやから、一概に湿度の高低に良し悪しは付けられんよ」

直接的な影響以外にもジメジメによるリスクってあるでしょ。たとえばカビとか。お風呂にカビが生えるとなんとも言えない気持ちになるし。

「言うても毒やないやん。カビなんて」

あ、そうなんだ。アレって触ってもOKなの?

「もちろん。生きてる人間にはカビは生えんやろ?」

そういえば今のところ、カラダにカビが発生した記憶はないね。というか、カビを生やしている奇特な動物に遭遇したことがないね。なんでだ?

「東洋医学的には、気の作用で守られているから。ということになっとる。同じ理屈で、気の巡りの強い人はかぜを引かんねん」

なるほどねぇ。じゃあ、カビは食べても大丈夫なの?

「もし、カビを食べるような物好きがいたとしての話やけど、同じ原理で気の対抗能力が高ければ大丈夫やろうな。反対に、気の巡りが弱い人は具合が悪くなるかもしれん。ちなみにチーズで食べてるけどな」

ああ、そうか。なら意外とカビ食べても大丈夫なんだな。ボクなんて気が巡ってるどころか、本当に生きてるかすら怪しと思ってたけど。

「やちきは結構しっかり巡ってるほうやで。特に最近は昼夜逆転が解消されたから調子ええんちゃう?」

うーん、言われてみると調子いい気がする。いろんな意味で。とりあえず気の巡りを良くするためには何をするべきなんだろう?

「腹式呼吸が一番手っ取り早いけど、前も紹介した気がするな。あとは運動もええで。太極拳なんかおすすめや」

朝の公園でたまに見かけるアレのこと?

「アレがどれを指してるのかは分からんが、たぶんそれや。太極拳のゆっくり流れるような動きは、気血の巡りを意識して発展させていったものなんやで」

へぇぇ。でもアレで強くなれるの?

「公園なんかでやってる太極拳はたいがい健康法やろうけど、実は奥が深い拳法やで。ほかにも東洋の武道は全般的に、筋肉でなく気を強めるほうを意識してることが多いやん。だから丹田(おへその下あたり)に気を入れるとか言うんや」

なるほどね。筋力の強さが武道の強さではないと。

「そうやな。まず気血の巡りがしっかりせんと本来の筋力が生かせないという順序や。ちなみに陰陽五行の理論では、"湿"は"思い悩む"という性質と関係が深い。だから湿度の高い日本はしっかり考えるタイプの人が多いと言えるんや。たかが湿気かもしれんが、それによって文化も変わったり民族性ができたりもするから奥が深いな」

と、辻野先生は回答しましたとさ。

---------------------------------------------------------------------
■やちきの見解
---------------------------------------------------------------------

とりあえず、湿度は不快なだけで致命的な結末に至りそうもないことが判明しました。

それにしても、ボクにカビが生えないのは気の作用だったとはなぁ。気がないようでいて、実は気があったんだなぁ。ボクってば。

あと、やっぱり運動はしなきゃいかんなと思いました。最近は信号がギリギリのときくらいしか走らないので。


つづく

この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top